肌のかゆみや赤みなど、お肌の問題が起きるのは、肌の水分が足りなくなって、自衛機能が低下するためです。お肌の水分が失われ、肌がトラブルから肌自身を守れなくなると、お肌の状態が悪くなります。お肌の状態を常に気にかけて、適切なスキンケアをしておくことで、乾燥肌が敏感肌にならないようにすることができます。皮膚にしわやたるみが目立つようになったり、くすみやしみが濃くなることも、敏感肌や、乾燥肌の人に起こりやすい症状です。脂性肌の人ほどにきびが多くなりやすいと考えている人もいるようですが、実際のところ、乾燥肌でもにきびのリスクはあります。敏感肌の人の場合、にきびの対策にと、古くなった角質層を除去するような方法は、適切ではありません。肌の乾燥に対して保湿効果の高い基礎化粧品を選ぶ場合は、保湿成分であるセラミドが配合されているタイプ等が向いています。乾燥肌の場合、油分を分解する力が強すぎる洗顔剤を使うと、皮膚がますます乾燥する恐れがあります。洗顔剤選びでは、皮膚への刺激が強すぎない、洗い上がりの優しいタイプが適しています。洗顔後は、柔らかいタオルで皮膚をこすらないように水分だけを取り除き、最後に化粧水で皮膚に水分をたっぷり含ませます。にきびがあるからといって、油分を控えなければいけないという考え方は正しくなく、保湿クリームをつけることは大事です。にきびを悪化させないためには、正しい洗顔で皮膚に負担をかけないような洗い方をして、スキンケアをきちんと行います。